症例発表

所属しているスタディーグループで
小児矯正の症例発表をしました。
小児は、成長に合わせて早めに拡大矯正することが
健全な永久歯列の育成につながり
しいては虫歯予防につながることを学びました。
これからは、小学生低学年児童の早期咬合誘導に
力を入れていきます。
SN340023.JPG


to TOP