ブログ

残暑お見舞い申し上げます。
スタッフと「トイストーリー3」を観て来ました。
おもちゃへの愛着をテーマに素晴らしい映画でした。
「歯」への愛着も忘れないように!
歯はあって当たり前のもの、しかし失ってからじゃ遅すぎます。
年に2,3回の「歯」への感謝の気持ちを込めて
定期クリーニングをうけてみてはいかがですか?
北欧では90%、欧米では80%の定期クリーニング率
日本人はたった3%しかうけていません
あなたはどうですか?
だから暑くても、富士歯科医院にキテ!キテ♪
富士歯科医院ホームページ

top


◎富士歯科医院にキテ!キテ♪
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001056924/index.html

ブログ

富士歯科医院は今週13日(金)より1週間夏季休暇になります。
今回も張りきって参りましょう。
早食いは、よく噛んでいない為だ液の分泌が不十分です。
このだ液は、虫歯菌への殺菌・歯自体の初期虫歯を再生させる効果があり虫歯予防に大変重要な役目を果たしています。
ガン細胞や合成着色料などにも解毒作用を及ぼし
口臭予防にもだ液が大変関係しています。
1口20回以上が必要になってきます。
噛めば噛むほどだ液が出るからです。
噛む回数はあごの運動になっており
回数が少ないという事は、あごの運動不足につながり
それがストレスで食いしばりによる歯の破壊が起こるとDr.シンは仮説を立てています。
なので早食いは確実に歯を悪くします。
そうならない為にも
富士歯科医院にキテ!キテ♪
富士歯科医院ホームページ

top


◎富士歯科医院にキテ!キテ♪
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001056924/index.html

ブログ

8月に入り夏真っ只中ですね。
今回も暑さを吹き飛ばして張りきって参りましょう。
歯が悪くなる原因は、歯を磨かないとか甘いものを多く獲り過ぎ
などがありますが、もう一つ
噛めていなかったり、逆に強く噛みすぎているために
歯が悪くなってしまう場合があります
と言うか、Dr.シンが診るところ大半がそうなのではないか
と思っている位です。
噛む回数が少ないと唾液が十分に出ない為、自然にお口の中の掃除が出来ません
よって虫歯になりやすくなります。
また、強く噛みすぎると
歯の再石灰化、所謂自然治癒能力が落ちるように思えるのです。
分かりやすく言えば、傷口をたたいている様なものです。
強く噛みすぎるのは、Dr.シンの研究から
どうも噛む回数が少ないから起きるという仮説を立てています。
9月の学会の発表までに統計をまとめて行きます。
歯科界の新しい定説を研究している
富士歯科医院にキテ!キテ♪
富士歯科医院ホームページ

top


◎富士歯科医院にキテ!キテ♪
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001056924/index.html

to TOP